副作用が怖い?飲まない方が勿体無いピルの効果

ピルについて調べる女性
ピルは飲み続けることで高い避妊効果を得ることができる薬ですが、薬である以上副作用があります。
それが原因で、ピルを使ってみたいけれど副作用が怖いという人がいるようです。
しかし、ピルには避妊効果以外にも、優れた効果があることで知られています。
ピルを使うことで、ホルモンのバランスが一定に保たれるようになります。
この作用は排卵を抑えること以外にも役に立ちます。
まず、生理にまつわるマイナートラブルの軽減に役立ちます。
特にPMSに悩んでいる人では、ピルを服用し始めてからPMSがずいぶん軽くなったという感想をもつ人が多いようです。
精神的にも肉体的にも安定した状態で過ごすことができるようになり、生理周期に振り回されることが少なくなります。
毎回の生理周期のたびにイライラと憂鬱な気分で過ごしていた時間がなくなるので、体調が良い状態で過ごせる期間が多くなります。
重い生理痛に悩んでいる人では、生理痛が軽くなり、生理がくることが怖くなくなったという人が大勢います。
子宮内膜が必要以上に厚くなってしまうと、その分出血量は多くなり、生理痛も重くなりがちです。
ピルを飲むことで、子宮内膜の厚さを抑えることができるので、生理の時の出血量も少なくなり、痛みも軽減されることが多いようです。
生理周期が一定でないという問題を抱えている場合には、ピルを飲むことで生理周期を一定にさせることができます。
生理周期が乱れていると、旅行の計画が立てにくいといった不便さだけでなく、長い間隔をあけてきた生理の時には、出血量が多く生理痛がひどくて苦しんでいる人もいます。
生理周期が安定することで、そういった悩みからも解放されます。
また、逆に旅行の予定日が生理の予定と重なってしまう時には、ピルを使って生理日を移動させることもできます。
ピルの使い方で、生理を早めたり、遅めたりすることができるので、旅行の時に生理になって困るという事態をなくすことができます。

ニキビなどの皮膚疾患でピルを飲む場合もあります

ピルは、避妊目的だけで使用されているわけではありません。
実は皮膚トラブルに対する治療でも使用されています。
様々な治療や生活改善を行っても治りにくい肌荒れやニキビに対してピルが使用されることがあります。
肌荒れやニキビの原因にはたくさんのことが関係していることがありますが、中にはホルモンのバランスの乱れが原因で起きている皮膚トラブルがあります。
そういったものには、皮膚の外から行う外的な治療を行っても、症状が改善しないことがあります。
皮脂の分泌量そのものに働きかけないと、症状が改善しないのです。
ニキビは生理前や生理中にできやすい、といった経験がある人が多いと思いますが、それは生理周期による女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こっています。
女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンは、排卵後から生理開始までの黄体期に増加します。
プロゲステロンは皮脂の分泌を盛んにします。その働きによって、ニキビができやすくなります。
またプロゲステロンは抗菌ペプチドを減少させることがわかってきました。
抗菌ペプチドは、肌の毛穴の中のアクネ菌をやっつけてくれる働きをします。
この抗菌ペプチドが減少すると、肌のバリア機能が下がってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。
また、ニキビの原因には皮脂の分泌を活性化する男性ホルモンが多過ぎるということもあります。
ピルにより女性ホルモンのエストロゲンを体内に入れることで、肌の状態をよい状態に整えることができます。
エストロゲンは美肌ホルモンとも言われており、皮脂分泌をおさえ、きめの細かい肌を作る働きがあります。
ピルを使って、エストロゲンの量を増やし、バランスを整えることでニキビの治療になります。