副作用が出やすい?アフターピルとは

妊娠を望まない場合は性行為のたびに避妊をするものですが、場合によっては避妊に失敗してしまうこともあります。
特にコンドームは間違った使い方をしている人や破ってしまう人も多いため、意図せず妊娠してしまうケースも珍しくありません。
このように避妊を失敗してしまった場合でも、アフターピルを使えば妊娠を防げる可能性もあります。
アフターピルとは一般的な避妊目的で使用されるピルとは違い、中用量の女性ホルモンが配合されたピルのことです。
現在では緊急避妊薬として承認された中用量ピルが2種類利用されており、性行為から72時間以内に服用すれば妊娠を止めることが可能です。
アフターピルは基本的には避妊に失敗した後に婦人科を受診し、使用しても問題ないかなどの診察を受けたうえで医師に処方してもらう必要があります。
ところが最近では海外から自分で購入する人も増えており、万が一の時のお守り代わりに常備する人がいるほどポピュラーなものになっています。
避妊の失敗から72時間以内に1回目を服用し、それから12時間後に2回目を服用するのが一般的な使用方法です。
それ以降は飲み続ける必要はなく、数日で避妊成功の証である消退出血が見られます。
ただ、避妊成功率は約76%から89%となっており、いかにピルと言えど確実な避妊を約束してくれるわけではありません。
1回目の服用が早ければ早いほど確実に避妊でき、24時間以内に服用すれば約95%以上もの避妊成功率を得ることができます。
24時間以上経過すればどんどん妊娠の可能性が高まってしまうので、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。
アフターピルの価格は病院などによって様々ですが、だいたい5,000円から10,000円ほどが相場となっています。
かなり幅があるので、気になる場合は事前に病院に問い合わせてから受診すると良いでしょう。
また、婦人科ならどこでもアフターピルを取り扱っているわけではないので、同じく事前の確認が必要です。
もしくは通販で事前に購入しておくという手段もあります。アイピルなどのアフターピルを通販で購入する場合は郵送までに時間がかかることを考慮し必要になる前から用意しておく必要があります。
通販でピルを購入するのは病院処方より安く入手出来るというのがメリットです。偽造品の販売などの懸念もありますが、あんしん通販薬局などの大手医薬品通販会社から購入をすれば偽造品が送られることもありません。

アフターピルで特に出やすい副作用とその対処法

アフターピルは一般的なピルよりもホルモン濃度が高いため、副作用を感じる人も多いです。
普段の身体では考えられないような大量の女性ホルモンが補充されるため、女性の身体には様々な不調が現れてしまいます。
代表的な副作用としては、頭痛や胸の張り、下痢や便秘、情緒不安定や吐き気などが挙げられます。
いずれも女性ホルモンが急激に変動することで起こりやすい症状で、どれが起きるかは個人差が大きいです。
特に注意したいのは吐き気で、実際に吐いてしまうとせっかく飲んだアフターピルの成分が排出されて無意味になってしまいます。
この場合、吐いたからと言って飲み続けるのは止めるようにしてください。
服用の時間によっては既に吸収されている可能性も高く、すぐに他のアフターピルを飲むと血中濃度が高くなりすぎて危険です。
一度服用を中止して、アフターピルを処方してくれた医師にすぐ相談するのが正しい対処法です。
必ず医師の指示に従い、追加で飲むか他の対処法を検討するかを決めましょう。
アフターピルは女性にとって非常に頼りになる薬ですが、女性ホルモンを必要以上に体内に入れるというのは大きな負担を伴います。
無理やり生理を起こすというのは身体にもかなりのダメージを与えるため、避妊に成功したとしても副作用が重く出てしまい、しばらく体調が戻らないという可能性もあります。
服用するだけという手軽さから安易に使用する人も見られますが、自分の身体のためにも頼りすぎるのは絶対に止めましょう。
間違いなく避妊に失敗し、絶対に妊娠できないという事情がある場合の最後の手段としてのみ利用することが大切です。
できれば普段から成功率の高い避妊方法を組み合わせて実践し、失敗を避けるように心がけましょう。