一番馴染みのあるトリキュラーという低用量ピル

ホルモンバランスの乱れによる更年期障害や月経前症候群や月経困難症などのつらい症状に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。
更年期障害は閉経を迎える40~50代の女性にみられるものです。
月経前症候群は生理中に引き起こされるもので、月経前症候群は生理前に引き起こされるものです。
ホルモンバランスが乱れてしまう原因としては、卵胞ホルモンのエストロゲンの減少にあります。
エストロゲンは、加齢、過度なダイエット、食生活の乱れによる栄養不足、運動不足、睡眠不足、不規則な生活リズム、疲労、ストレス、毎月の生理、妊娠、出産、閉経などがあります。
心当たりがあるという女性も多いのではないでしょうか。
エストロゲンを増やすためには、栄養バランスのとれた食事をとる、イソフラボンを積極的に摂取する、睡眠をしっかりととる、適度な運動を習慣づける、規則正しい生活リズムを身につける、疲労やストレスをためないなどを心がけて健康的な生活を送るということが基本となります。
しかし、日頃の生活習慣を急に変えるということは簡単なことではありませんし、エストロゲンがなかなか増えないこともあります。
そこで役立つのが低用量ピルです。
低用量ピルというと避妊薬というイメージが抱かれがちですが、今は月経困難症や月経前症候群や更年期障害や子宮内膜症や避妊などの治療に用いられることが多くなりました。
低用量ピルが一昔前に比べて一般的に普及し、ポピュラーでより身近な存在となりつつあります。
そんな低用量ピルの中でもいちばん馴染みのある有名なものといえばトリキュラーです。
トリキュラーは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含有する低用量ピルとして多くの人に親しまれています。
積極的に服用することで女性ホルモンの働きが活発になり、発汗、ほてり、倦怠感、むくみ、腹痛、腰痛、頭痛、肩こり、吐き気、肌荒れ、イライラ、便秘、下痢などの様々な症状の緩和や改善に役立てることができます。

婦人科のトリキュラーの値段、継続するといくらになる

トリキュラーは婦人科で処方される低用量ピルです。
避妊のためではなく子宮内膜症や月経困難症や月経前症候群や更年期障害などの治療として処方されるものに関しては保険適用となります。
婦人科のトリキュラーの値段についてですが、だいたい平均して1ヶ月2000円~3000円程度ですので、継続すると1年間で24000円~36000円程度になります。
それぞれの婦人科によって処方箋の値段も異なりますし診察や検査の内容なども患者さんによって異なります。
どのくらいの値段なのかが不安な場合は事前にホームページをチェックしてみたり婦人科に電話をして問い合わせをしてみたりするのがよいでしょう。
トリキュラーは低用量ピルなので普通のピルに比べて体への負担が少ないという特徴があります。
そのため、長期的に継続して服用しているという女性もたくさんいます。
トリキュラーを服用するようになってからは生理前や生理中の痛みや不快感やストレスや悩みが解消されて元気に健やかに過ごすことができるようになったという女性も数多く存在します。
生理は毎月のことですので生理にまつわる悩みを抱えているという女性は早めに治療を受けて早めに症状を改善させることが大切です。
放置してしまうと症状はどんどん悪化してしまいますし、精神面にも悪影響を及ぼし性格がネガティブになってしまったり仕事のパフォーマンスの質が低下したり集中力がなくなったり情緒不安定になったり憂鬱な気分になってしまったりしてしまいます。
低用量ピルのトリキュラーはホルモンバランスの乱れで悩む女性のとても強い味方となりますので、早めに婦人科を受診して処方してもらいましょう。
ホルモンバランスの乱れを正常に整えて健やかな体づくりをしていきましょう。

トリキュラーは通販サイトからでも入手できる

一般的にトリキュラーは婦人科など病院で処方されることが多いですが、その他に海外の通販サイトから個人輸入という形で手に入れることができます。
トリキュラーを含む個人輸入するメリットとしては薬の値段が安いという点です。
病院の処方では薬代の他に診察料や処方せん料などかかりますが、個人輸入は一切かからず薬代のみです。
通販サイトでは送料がかかる場合がありますが、一定の料金で買い物をすると送料無料という通販サイトもあるので実質、病院の処方よりも安価で入手が可能です。
また、個人輸入は海外の店舗などで直接やり取りをするので英語が分からなかったり、サービスや保障を受けれないことがあります。
現在では個人輸入代行サービスのある通販サイトが存在して一切の手間がかからずに医薬品を入手できるので、英語が分からなくても日本国内の通販サイトと同じ感覚で入手できます。
また、海外製のトリキュラーは国内製と比べてパッケージが異なりますが、効果は同じなので使用方法はよく調べましょう。