ピルの副作用?気にしなくていい不正出血との見分け方

不正出血を気にする女性
ピルを使用した際、よく見られる副作用の一つとして、不正出血が挙げられます。
これは生理周期以外に起きる性器からの出血を示し、大量に鮮血が出る場合もあれば、おりものに血が混じる場合もあります。
そして副作用というと悪いもののように思われますが、中にはあまり気にしなくてもいい不正出血もあります。
まずは生理初日にピルを飲んだ場合です。
ピルは体内の女性ホルモンの量を増やすことで排卵を止めますが、生理初日にピルを飲んだ場合、本来排出されるはずの出血が無理やり止められてしまいます。
すると本来排出されるはずだった血が子宮内に残ったままになってしまい、長い間生理が続いたような状態になってしまいます。
次にシートの中盤から後半を使用している頃に不正出血が見られた場合です。
これはホルモンバランスの乱れが原因となります。
卵胞ホルモンには子宮内膜を厚くする働きがあります。
一方、黄体ホルモンには厚くなった子宮内膜を維持する働きがあります。
しかし、ピルを服用することによって2つのホルモンバランスが崩れると、子宮内膜を十分に保つことができなくなってしまい、不正出血が起きてしまいます。
また、場合によっては子宮内膜の剥離が十分に行われず、長期間出血が続く場合もあります。
このようにピルの副作用によって不正出血が起きることはありますが、しばらく飲み続けることにより次第にホルモンバランスが安定していき、次第に副作用は見られなくなっていきます。
また、不正出血が見られたからといって必ずしもピルの働きが悪くなったとはいえません。
しばらくの間は様子を見ながら飲み続けるようにします。
ただし、3周期目以降になっても不正出血が見られる場合、吐き気や頭痛が見られる場合、ニキビが出やすくなった場合などはピルの内容が身体に合っていない場合もあります。
その場合は医師に相談し、ピルの種類を変更することも重要となります。
他にももし不安がある場合は、医師に相談するのがおすすめです。

逆に長くピルを飲むことで起こってしまう不正出血とは

ピルを長期服用していると、逆に不正出血が起こりやすくなる場合があります。
というのも、ピルを長期服用していると、身体はピルを服用している時の女性ホルモンの量の流れに慣れてしまうからです。
まず長期服用していて、不正出血が起こる場合として挙げられるのが「消退出血」です。
これはピルの飲み忘れによってホルモンバランスが乱れ、子宮内膜が剥がれることで起きる出血となります。
消退出血は排卵は起きていないものの、出血が起きる仕組みとしては生理と同じになります。
そのため生理と比べて出血量や期間は少ない場合が多いものの、5日程度続く場合があります。
そのため、出血が見られた場合は生理用品などで対処する必要があります。
なお、消退出血が見られた場合、薬の服用は最低でも24時間以上あいていると考えられます。
ピルは前に飲んだ時から48時間以上あいてしまうと、その働きが失われてしまいます。
ですので、消退出血が見られた場合は医師に相談することが大切です。
また、消退出血は21日タイプのピルを使用している場合も起こることがあります。
これは休薬期間中に卵胞が途中まで発達、この時にエストロゲンの量は増えますが、再び減少してしまうため、ホルモンバランスが乱れて消退出血につながります。
この場合は休薬期間が身体に合っていないことが原因と考えられるため、休薬期間がより短い24日タイプの使用を検討します。
また、ピルを長期服用していると、子宮内膜がもろくなり、はがれやすくなることがあります。
これはピルに含まれる黄体ホルモンが原因となります。
この時シートの前半で出血が起きると、無理やり出血を止めることになり、出血が長期化してしまいます。
この場合はしばらくピルを飲み続けると、身体がホルモンバランスに慣れ、次第に子宮内膜を薄いまま保つことができるようになっていきます。