ピルが命にかかわる?乳がんなどの副作用について

ピンクリボン
最近ではピルを服用する人が少しずつ増えてきています。
日本でも身近な薬になってきていますが、この薬には命に関わる副作用のリスクもあります。
ピルは上手く利用すれば避妊だけでなく、生理痛の緩和や生理不順の改善などにも役立ちます。
しかし、乳がんなどの副作用との関係も知っておくと良いでしょう。
ピルは経口避妊薬と呼ばれており、女性ホルモンを含んだ錠剤です。
主に避妊目的で使われる薬であり、ホルモンの含有量によって4つの種類に分類されています。
最もホルモン容量が少ない薬は副作用も少なく、最も多く利用されています。
避妊目的では保険が適用されていないため、費用は全額自己負担になると知っておきましょう。
ホルモンを補充するピルを服用することにより、本当に乳がんのリスクが高まるのか気になっている人もいるかもしれません。
これは医療の世界でもさまざまな意見がありますが、最近の研究ではピルを服用しても乳がんのリスクが増加する可能性は低いことが分かっています。
しかし、既に乳がんにかかっている人や過去にかかったことがある人の場合、乳がんを悪化させるリスクがあると言われています。
また、ピルは短期間の使用なら問題ないということですが、長期間使用すると全く使用していない女性よりも乳がんのリスクが増加するということです。
ピルの服用による乳がんのリスクはゼロというわけではありませんし、治療中の人や過去に罹患したことのある人は特に注意が必要です。
ピルによる乳がんのリスクの因果関係にはさまざまな説があります。
しかし、ピルというのはホルモンに関わる薬であり、ホルモンに反応するがんである乳がんとは何らかの関係があると考えられています。
ピルは女性の体に良い影響を与えることも多いですが、あくまで薬なので副作用のリスクもあると知っておきましょう。
薬の副作用というのは体にあまり良くないものですし、ピルを服用する時にはあまり長期間服用を続けることがないように注意しましょう。
それによって乳がんのリスクを少しでも下げることができます。

血栓症の初期症状と予防法

ピルにはさまざまな副作用のリスクがありますが、血栓症は命に関わる副作用として知られています。
ピルの副作用の一つである血栓症とは血管の中に出来た血の塊によって血が詰まってしまうという病気です。
血が流れなくなると体に酸素を送ることができなくなってしまいます。
血栓症を悪化させたくないという場合、初期症状に気付いて適切な処置を行うことが大切です。
足に血栓が出来た場合、足の疲れやだるさ、足がつる、筋肉痛のような痛みが起こるなどの初期症状が出やすいです。
ちなみに、足にできた血栓が血液によって流れ、肺や心臓付近で詰まってしまうと息ができなくなって命を落とすことがあります。
そのため足の異常を感じた場合、病院で検査を受けた方が良いでしょう。
他にも何もしていないのに呼吸が苦しい場合や息を吸うと胸が痛い場合、激しい頭痛、視覚の異常、失神などの症状が出てしまった場合、血栓症が発生している可能性があります。
初期症状に気付いてすぐに治療を行うことにより、死亡のリスクを下げることができます。
そのため兆候を見落とさないように注意しましょう。
血栓症を予防するためには適度な運動や食事の管理、コレステロール値の管理、血圧の管理、標準体重を維持する、血糖値を下げるなどといった方法が有効です。
特に体を動かすと血液の流れが良くなるため、血栓症の予防に繋がると言われています。
運動といってもハードな運動は必要ありませんし、手軽にできる有酸素運動で十分です。
有酸素運動を行うことにより、血栓を溶かす成分が増えると言われています。
また、水分不足や中性脂肪の増加、コレステロール値の増加などは血栓症のリスクを高めてしまいます。
これらは血液の流れを悪くすることに繋がるため、血液の流れを良くする食生活を心がけると良いでしょう。